人気ブログランキング |

オジロファントムと60-600

ご無沙汰していました(汗)
約1年サボっていました(インスタがメインになっています)

先日12/10に百里基地に遠征して来たのと、

シグマ60-600mm F4.5-6.3 DG OS HSMを150-600mm F5-6.3 DG OS HSM Sから買い替えましたので、

ほんの少しレポしたいと思います。


百里に遠征した大きな理由は、オジロのスペマを撮る事です。
c0323551_08524911.jpg
↑コレ(11/18 岐阜基地)

岐阜のフライインも撮影したのですが、天気も悪く何より予想外のターンにより納得の行く写真が撮れませんでした。
ターゲットは那覇基地での展示を終え百里に帰投するスペマ。
今回がファイナルツアーの最後なので私が見る事が出来るラストチャンスでもありました。

スポッター的に真横を撮れば満足なのですが、やはり色々なシーンを撮影したい。
ですがチャンスは着陸の一瞬のみ。
どこにポジションを取ろうか凄く悩みました。

そして当日。
c0323551_09090882.jpg
↑オーバーヘッドアプローチで上空をパスするスペマ。
百里には2本の滑走路があり、西側を主に民間機、東側を自衛隊機が使用するのが基本的な運用になりますが、
自衛隊機のトラフィックや管制の都合で自衛隊機も西側の滑走路を使用する事があります。
西側に着陸するのをウエスト降りとか、西降りという風に言われているのですが、今回もウエスト降りを願って待機していました。
(西側の滑走路のセンターから撮影地点まで90m以下という超至近距離です。)
c0323551_09195363.jpg
↑03Lにアプローチするスペマ
悲願のウエスト降りです!

c0323551_09224241.jpg
↑タッチダウン
この瞬間を逃すまいとすかさずシャッターを切り続けます。

c0323551_09251212.jpg
↑猛スピードで転がって来ます。
斜め前もしっかり押さえました!
一番迫力のあるシーンですね!

c0323551_09270548.jpg
↑真横もしっかり押さえます。
重要な一枚です。

c0323551_09292989.jpg
↑ドラッグシュートを展開して減速します。
F-4と言えばこのシーンです。

こうして目標は達成されたのですが、もしこの時60-600以外のレンズだった場合どれかの瞬間は捨てなければならなかったかもしれません。
タッチダウン前のアプローチとドラッグの写真は600mmですが、真横は150mmではカツカツ過ぎて怖いです。
カメラを分けるにしてもこのスピードなら一瞬なので、持ち替えている時間もありません。
そう言うシーンではかなり心強いレンズだなと感じました。

肝心の画質ですが私が使用する分には全く問題ありません。
150-600のSより良いと思います。
現在ライトルームのレンズプロファイルはまだありませんが、周辺光量落ちも修正しやすいです。(150-600Sは結構酷かった)

重量もまだまだ重いですが、150-600Sより少し軽くなったので楽に感じます。
なにより60-600と更に広角さえあればそれだけでいいので、撮影機材を持ち歩く手間が省けます。

今回の撮影でもかなりのメリットを感じましたので、個人的には変えて良かったと思います。
また、スポッティングをメインにされている方等は検討されても十分お勧め出来ると感じました。

以上簡単なレポでした!



by pinama | 2018-12-13 09:47 | 飛行機
<< こだわり Qatar Amiri Flight >>