エア・ベルリン

ドイツの航空会社でワンワールドメンバーのエア・ベルリンが破産し、本日10/27日付けで運行停止になるようです。

c0323551_08175564.jpg
ルフトハンザのイメージが強すぎて、赤いコーポレートカラーのドイツの航空会社というのが新鮮でした。

c0323551_08210636.jpg
エティハドエアウェイズパートナーズのメンバーだったので、このようなアライアンスカラーも存在していました。

c0323551_08245484.jpg
DHC-8-Q400も保有しています。

c0323551_08270039.jpg
よく分からない矢印スペマ・・・

c0323551_08292268.jpg
こんな白い子もいました!
遠目で見たらJALの現行鶴丸なんですよね(笑)
遠いドイツの地から日本に思い馳せる瞬間でした(笑)

c0323551_08340627.jpg
CGN
更に白いB738もいました。
明らかにエンジンに前の会社の文字が・・・

c0323551_08381362.jpg
またひとつ歴史に幕を下ろしました。

特筆以外は2016/8/13 DUSです。




# by pinama | 2017-10-27 08:39 | 飛行機 | Comments(0)

QATAR A332

今回の香港遠征でやっとカタールカーゴのA332Fを撮影する事が出来ました。
(今まで来ないかランウェイの関係で撮影出来ず。)
c0323551_17035605.jpg
今現在カタールカーゴはB77FをメインにA332F、B748Fを運行しています。
以前紹介したACTエアラインズとSWイタリアは離脱しました。

c0323551_17093001.jpg
A332Fの特徴としてノーズギアの膨らみがあります。
これは地上では前傾姿勢に設計されたA330を貨物機にする時、
貨物室が傾斜しているといけないので、水平にするためにノーズギアの高さを上げた事による影響で、
こういう形状になっています。

c0323551_17152323.jpg
前傾姿勢ではなく、しっかりと機体が水平になっていますね!
香港航空やMAS Kargoに比べて、カタールの塗装だと厳つく感じます(個人的に)

c0323551_17183598.jpg
塗装がマッチしていてカッコいいですね!

さて、この機体にも何か違和感を感じませんか?

c0323551_17334869.jpg
2015/6/21 KIX
旅客型A332。
エンジンが違いますね!

旅客型はGE製のCF6を使用しているのに対して、貨物型はRR製のトレントを使用しています。
貨物型にはCF6の設定が無いのでトレントを使用したと推測されます。

同じ機種、同じカラーでもかなりの差がありました。
このように同じ機種でもシリーズにより制約があったりするので、その違いを探すのもまた楽しいです!






# by pinama | 2017-10-26 17:41 | 飛行機 | Comments(0)

RB211

ブリティッシュエアウェイズが導入したB767には日本でお馴染みのGE製CF6やP&W製JT9Dではなく、
英国RR(ロールスロイス)製のRB211エンジンが採用されています。
c0323551_16401471.jpg
2016/8/11 FRA
B767のCF6とJT9Dはかなり似た形状で、テールコーンが大きく露出しているので違和感はあまり無いのですが、
BAのB767のエンジンはRR独特の一体型のエンジンカウルなので、詳しい人が見たらかなりの違和感となっています。
BAの他に英国領であったオーストラリアのカンタス航空が導入していたようです。

c0323551_17024258.jpg
2015/5/1 AMS
エンジンが変われば別の機種のようです。

航空会社や国柄で導入される飛行機が変化する。
面白いですね!




# by pinama | 2017-10-25 17:05 | 飛行機 | Comments(0)